アロマテラピーのこと 

わくわくしながらオイルのふたを開けて、クンクン…。あ、いい香り〜。
…というのがアロマテラピーのファーストステップとは思うのですが、一応すこしだけ、カンタンにお勉強しておきましょう。

そもそも、「アロマテラピー」ってなんなのかといいますと、アロマは「芳香」、テラピーは「療法」という意味で、植物の香りの持つ力を、心と身体のために役立てましょう、ということです。

アロマテラピーには精油(アロマオイル、またはエッセンシャルオイルともいいます)を使います。
精油というのは、ハーブ(芳香植物)から抽出された、液体の芳香物質です。
オイルといっても油脂成分はないのでべたべたした感触はなく、揮発性があります。水には溶けないので、水に落とすと分離します。
もともと精油成分というのは、「植物のホルモン」といわれているように、その植物にとって大切な役割をもつものです。
その香りの物質が、人の心と身体に対しても、様々な作用をもたらしてくれるのです。

鼻から吸い込んだ香りは、脳の中の大脳辺縁系や視床下部というところに伝わります。大脳辺縁系というのは、感情や記憶をつかさどっている部分で、視床下部は、自律神経系や内分泌系を調整しています。
リラックス効果のある精油の香りをかぐと、脳のこういう部分によい影響を与え、ストレス状態を改善して気分を良くしてくれたり、自律神経やホルモンのバランスを整えてくれるのです。
そして人がもともと備えている自然治癒力、免疫力というのは、リラックスした状態でもっとも高まります。

また、精油成分は肺や皮膚からも浸透し、血管を通って身体のすみずみまで運ばれます。
このように、アロマテラピーでは、鼻から匂いをかいだり、オイルを身体に塗ったりして植物のもつパワーを身体に取り入れることで、心身の調和をはかり、自然治癒力を高めていくことができるのです。

ほかにも、抗菌効果のある精油を、お洗濯やお掃除などに利用することもできますね。


トップページへ戻る ティーツリーオイル ラベンダーオイル カンタン!芳香浴 使える!水スプレー
キャリアオイル いろんなお悩みに 始めにお読みください おすすめショップ 日記(Blog)
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO