カンタン!芳香浴 

ではさっそく、アロマテラピーを始めましょう!
アロマオイルのビンを眺めましょう、手にとってみましょう、これだけで心がわくわくしてきますよね! この小さなビンの中に、植物の神秘のパワーがいっぱい入っているんですね。さあ、フタをあけてみましょう…!

 まずはハンカチに一滴

使うオイルは、カンタンに言うとリラックスしたいときはラベンダー、リフレッシュしたいときはティーツリーを選びます。

夜ゆっくり眠りたいときはもちろん、不安な気持ちのとき、イライラして落ち着かないとき、頭痛がするときなどはラベンダーですね。

ティーツリーはあまり芳香浴向きの香りではないような印象ですが、お仕事や勉強に集中したいとき、ヤル気をアップさせたいとき、落ち込んだ気分のとき、風邪をひいているときなんかにためしてみるとよいですよ。

では、いちばん簡単でどこででもできる、ハンカチ芳香浴からやってみましょう。
ハンカチやティッシュペーパー、コットンなどに、オイルを2〜3滴おとします。
香りが立ち上りますので、鼻を近づけて、深呼吸して吸い込みましょう。

目を閉じて、一面のラベンダー畑を想像してみるのもいいですね。
まだ見たことのないオーストラリアで、ティーツリーの枝葉が風にゆれているのを思い描いてみるのも楽しいですね!
あ、コアラがいるのは、ユーカリの木じゃなかったっけ?

ラベンダーのハンカチは、そのまま枕もとに置いて、ゆっくりおやすみなさい…。


 アロマポットがなくても

アロマポットは、お皿に水をはってオイルをおとし、下からろうそくの火であたためて香りを立てます。やさしい光がとってもいい雰囲気で、インテリアとしても素敵ですよね。
でも、ろうそくの火が気になっちゃって…。そのまま寝てしまったら危ないですからね。

電球の熱を使うアロマランプや、ディフューザーといって電気式のエアポンプをつかう専用器具もありますが、もっとカンタンに、マグカップでもよいのですよ。

マグカップは専用のものを用意します。
お湯を入れて、オイルを2〜3滴おとします。
湯気といっしょに香りが立ち上りますから、鼻のほうへ手であおいで香りをかぎましょう。

ね、とってもカンタンでしょう?













 
※注意!
万一、香りを吸入して気分が悪くなったときは、すぐに使用を中止しましょう。
トップページへ戻る アロマテラピー ティーツリーオイル ラベンダーオイル 使える!水スプレー
キャリアオイル 始めにお読みください いろんなお悩みに おすすめショップ 日記(Blog)
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO